CONSULTANT:山本浩樹(分野/学歴:機械/大学院卒)

2009年4月にコンサルタントになりました

公共インフラに関わる機械設備はどんなものでも私にお任せ!
大雨の時に街に水があふれないよう河川へ水を送るポンプや河川の水量をコントロールする水門、トンネルの走行環境を良くするファン、雪の日の安全な鉄道走行を支える消雪設備など、みなさんの暮らしを陰で支える、地味で根暗な機械達の設計をするのが私の専門です。

くらしを支える機械

学生時代、ある時期までは製造業に就職する事しか頭にありませんでした。医療機械の技術者になりたかった。工作機械にも興味がありました。
ところが、大学院に通っていたあるとき、ふと、「進んだ技術」というものに関心を失ってしまいました。
「どんなひとにも等しく役に立つ機械ってないのかな?」それが、私が建設コンサルタント業界の扉をノックするきっかけとなりました。

オーダーメイドの醍醐味

建設コンサルタント技術者の「オーダーメイド」という面白さは私の性分に合っているなと感じます。
ひとつひとつの街、ひとつひとつの川、ひとつひとつのトンネルに対して、最適な機械設備を設計する。
私はいずれ自分の経験をつかって、日本よりもっとモノに恵まれていない世界のいろんな地域で、まちを安全にしたり、快適にする機械設備を設計したいと思っています。オーダーメイドだから「コンサルタント」の役割がある。それが醍醐味だと思っています。