CONSULTANT:今野愛美(分野:交通・都市計画)

2014年10月にコンサルタントになりました

私は建設コンサルタントにならなければ、建設コンサルタントという職業があることも知らなかったかもしれません。
土木の知識、、、ゼロ
交通の知識、、、教習所で教えてもらうくらいの知識。
コンサルタント、、、なんか海外ドラマで聞いたことある言葉だなぁ。
私の夢、、、世界中のおいしいものを食べつくす!(そして作れるようになる!)
職歴、、、花屋さんとか
・・・とこんな感じで、この業界からは程遠い場所で生きてきたわけですが、ご縁があって建設コンサルタントの世界に入る(迷い込む?)ことになったのです。
詳しい経緯は、飲み会で話しますね(笑)

知らない世界?とても身近?

このウェブサイトを少し見てくれた人ならわかると思うんだけど、建設コンサルタントって一体何者なのかを定義して説明するのって、とても難しいし、伝えにくいんですよね。私もまだよくわかってないっていうのが正直なところ。
その理由として、分野が多岐にわたるし、同じ分野の中でも色んな内容の仕事があって、毎回新しいことをやっている感じです(それは私がホントにゼロから始めたから、より強く思うのかも)
定義が難しい、うまく説明できない、名前が漠然としている(コンサルタントって一体なんなんだよ)、そして、知ってもらう機会があまりない。
いっそのこと、大問題を起こせばみんなに知ってもらえるんじゃない?
いやいや、、、大問題は良くないですね。というわけで、こうしてインターネットで情報を垂れ流して、少しでもみんなに知ってもらえたらいいなって思っています。
だって、みんなの生活を支える、立派な立派なお仕事だから!(お仕事の詳しい内容は他の人の紹介ページとFAQを見て(笑))

「好き」が繋がるということ

ちゃんとプロとして仕事をしていくためには、「大学で専攻してなかったから」とか「知らない、やったことない」とかそんなのはもちろん通用しないわけで、今からでもたくさん勉強して頑張って、「できる」に変えていく必要があります。
交通工学の本を片手に、いっぱい上司に質問します(冷たくあしらわれてもめげません)。資格の勉強をします(落ちることもありますがめげません)。いろんなことに興味を持ちます(直接仕事に関係なさそうなことも)。自分ができることを突き詰めていきます(一人ができることなんてたかが知れています)。好きなことをやるために、目の前のことをやりきります(終わらない業務はありません)。
チャンスは必ず訪れます。

私は料理が好きです。お酒も好きです。人と関わるの大好きです。
それって、建設コンサルタント関係ない・・・?
いいえ、そうとも言えませんよ!
デスクワークだけじゃなくて、いろんな人と関わるのもお仕事のひとつです。
地方創生、日本を元気にする!それがテーマなら、可能性は無限大ですね。